Translate:

西下町内会

今度の7月25日土曜日鹿児島大学で人工衛星開発協議会でズームを使い総会が開かれます。

皆さんおはよう御座います。

会社を辞めた時宇宙から地球を見て地球がして欲しい事と鹿児島から日本を見て鹿児島にしか出来ない産業を作ろうと考えました。

まず地球がして欲しい事は原子力ミサイルの廃棄と原子力発電のウラン燃料の処理だと思いました。

鹿児島から日本を見て鹿児島にしか無い産業は何かと考えました。

それは日本には2基のロケット発射場がある。
それは内之浦と種子島にある。
これらは全て鹿児島県にある。だからこのロケット発射場は鹿児島県の特産品だと思いました。

そこで、世界にある原子力ミサイルと原子力発電のウラン燃料の使い古しを種子島からロケットに乗せて核爆発を起こして燃えている太陽に打ち込もうと考えました。

するとある日、南日本新聞に「鹿児島大学で人工衛星を作ります。私達と一緒に人工衛星を作り宇宙に飛ばしませんか」という記事が掲載されました。

「よし、人工衛星を作る人達ならロケットも作れる人に逢えるかもしれない」と思いました。

そこで早速鹿児島大学理学部西尾教授を訪ねました。

西尾教授が「民間人の方も入会大歓迎です」と言われました。

そして鹿児島人工衛星開発協議会に人工衛星を作る技術は無いけど民間人広報担当として特別に入会させて頂きました。

それから2機の「KSAT」という人工衛星を種子島から宇宙に飛ばしました。

今では鹿児島大学の片野田教授の作っているロケットを応援しています。

今度の7月25日土曜日鹿児島大学で人工衛星開発協議会でズームを使い総会が開かれます。

私は副理事長として大学に行き参加します。

何もかも目標に向かってコツコツと。

さあ、今日も前に向かって go go レッツゴー❣️

-西下町内会

Translate »

Copyright© とんぼの眼 ~西下町内会:福祉・環境・防災への取り組み~を追いかけるサイト , 2021 All Rights Reserved.